minimize

事業拡大のため、新しい仲間を募集しています。
→詳しくはこちら

Top

起動スレッド

JavaVMを起動すると、いくつかのスレッドが起動します。

main

メインスレッドです。
プログラムは通常、このスレッド上で動いています。

Reference Handler

参照オブジェクトを扱うスレッドです。

Finalizer

オブジェクトのファイナライザを扱うスレッドです。
なお、ファイナライザ機能は可能な限り使用しない事をお薦めします。

ファイナライザは「オブジェクトが消滅する」ときに初めて呼び出されるもので
そのタイミングは予測不可能です。
ガーベッジコレクトの対象にならなければ、プログラムが終了するときまで
そのタイミングは引き伸ばされる可能性もあります。

そして、ファイナライザ処理を行うオブジェクトは
通常よりも長い間ガーベッジコレクトの対象にならないという現象も報告されています。

以上より、オブジェクトの後処理はファイナライザに頼らず
明示的なメソッド呼出によって行うのが良い方法と言えるのです。

Signal Dispatcher

シグナルを扱うスレッドです。