minimize

事業拡大のため、新しい仲間を募集しています。
→詳しくはこちら

JSFで使用する設定ファイルを解析します。
web-facesconfig_1_1.dtd に対応しています。

faces-config

ルート要素です。
以下の子要素を含むことができます。

以下、特に記述しない限り要素の出現順や出現個数は任意です。

application

アプリケーション固定の設定を記述します。
以下の子要素を含むことができます。

action-listener

アクションリスナーのクラス名を完全限定名で定義します。

<action-listener>sample.ListenerClass</action-listener>

default-render-kit-id

デフォルトのrenderkitを定義します。
詳細は不明です。

message-bundle

アプリケーションで使用するメッセージバンドルクラス名を完全限定名で記述します。

navigation-handler

NavigationHandler クラスを完全限定名で定義します。

<navigation-handler>sample.NavigationHandlerClass</navigation-handler>

view-handler

ViewHandler クラスを完全限定名で定義します。

<view-handler>sample.ViewHandlerClass</view-handler>

state-manager

StateManager クラスを完全限定名で定義します。

<state-manager>sample.StateManagerClass</state-manager>

property-resolver

PropertyResolver クラスを完全限定名で定義します。

<property-resolver>sample.PropertyResolverClass</property-resolver>

variable-resolver

VariableResolver クラスを完全限定名で定義します。

<variable-resolver>sample.VariableResolverClass</variable-resolver>

locale-config

このアプリケーションがサポートするロケール(言語)を定義します。

<locale-config>
  <default-locale>ja_JP_SJIS</default-locale>
  <supported-locale>en</supported-locale>
  <supported-locale>fr</supported-locale>
</locale-config>
default-locale

デフォルトのロケールを定義します。
この要素は先頭に一つだけ配置可能です(省略可)。

supported-locale

デフォルト以外にサポートするロケールを定義します。

factory

アプリケーションで使用するファクトリを定義します。
以下の子要素を含むことができます。

application-factory

ApplicationFactory クラスを完全限定名で定義します。

<application-factory>sample.ApplicationFactoryClass</application-factory>

faces-context-factory

FacesContextFactory クラスを完全限定名で定義します。

<faces-context-factory>sample.FacesContextFactoryClass</faces-context-factory>

lifecycle-factory

LifecycleFactory クラスを完全限定名で定義します。

<lifecycle-factory>sample.LifecycleFactoryClass</lifecycle-factory>

render-kit-factory

RenderKitFactory クラスを完全限定名で定義します。

<render-kit-factory>sample.RenderKitFactoryClass</render-kit-factory>

component

コンポーネントを定義します。
以下の子要素を含むことができます。これらの要素を記述する順番は固定です。

description

コンポーネントの説明を記述します。

display-name

コンポーネントの表示名を記述します。

icon

コンポートネントのアイコンを定義します。

small-icon

小さいアイコン(16x16)を格納したパスを記述します。

large-icon

大きいアイコン(32x32)を格納したパスを記述します。

component-type

コンポーネント種別を記述します。
UIComponent名として登録されている必要があります。
必須要素です。

component-class

コンポーネントクラス名を完全限定名で記述します。
javax.faces.component.UIComponent を実装している必要があります。
必須要素です。

facet

コンポーネントで使用するfacetを定義します。
以下の子要素を含むことができます。これらの要素を記述する順番は固定です。

description

facetの説明を記述します。

display-name

facetの表示名を記述します。

icon

コンポートネントのアイコンを定義します。
small-icon / large-icon の子要素を持ちます。

facet-name

facetの識別子を定義します。
必須要素です。

facet-extension

facetの拡張情報を定義します。
内容は任意です。

attribute

コンポーネントの属性を定義します。
以下の子要素を含むことができます。これらの要素を記述する順番は固定です。

description

コンポーネント属性の説明を記述します。

display-name

コンポーネント属性の表示名を記述します。

icon

コンポーネント属性のアイコンを定義します。
small-icon / large-icon の子要素を持ちます。

attribute-name

コンポーネント属性名を定義します。
必須要素です。

attribute-class

コンポーネント属性クラスを定義します。
必須要素です。

default-value

コンポーネント属性のデフォルト値を定義します。

suggested-value

コンポーネント属性の期待値を定義します。
詳細は不明です。

attribute-extension

コンポーネント属性の拡張情報を定義します。
内容は任意です。

property

コンポーネントのプロパティを定義します。
以下の子要素を含むことができます。これらの要素を記述する順番は固定です。

description

プロパティの説明を記述します。

display-name

プロパティの表示名を記述します。

icon

プロパティのアイコンを定義します。
small-icon / large-icon の子要素を持ちます。

property-name

プロパティ名を定義します。
必須要素です。

property-class

プロパティクラスを定義します。
必須要素です。

default-value

プロパティのデフォルト値を定義します。

suggested-value

プロパティの期待値を定義します。
詳細は不明です。

attribute-extension

プロパティの拡張情報を定義します。
内容は任意です。

component-extension

コンポーネントの拡張情報を定義します。
内容は任意です。

converter

Converter(変換器)を定義します。
以下の子要素を含むことができます。これらの要素を記述する順番は固定です。

description

Converterの説明を記述します。

display-name

Converterの表示名を記述します。

icon

Converterのアイコンを定義します。
small-icon / large-icon の子要素を持ちます。

converter-id

Converterの識別子を定義します。
converter-for-class かどちらかを必ず記述する必要があります。

converter-for-class

Converterのクラス名を完全限定名で定義します。
converter-id かどちらかを必ず記述する必要があります。

converter-class

Converterのクラス名を完全限定名で定義します。
javax.faces.convert.Converter を実装している必要があります。
必須要素です。

attribute

Converterの属性を定義します。
attribute を参照して下さい。

property

Converterのプロパティを定義します。
property を参照して下さい。

managed-bean

JavaBeanを定義します。
以下の子要素を含むことができます。これらの要素を記述する順番は固定です。

description

JavaBeanの説明を記述します。

display-name

JavaBeanの表示名を記述します。

icon

JavaBeanのアイコンを定義します。
small-icon / large-icon の子要素を持ちます。

managed-bean-name

JavaBean名(識別子)を定義します。
必須要素です。

managed-bean-class

JavaBeanのクラス名を完全限定名で定義します。
必須要素です。

managed-bean-scope

JavaBeanのスコープを定義します。
request / session / application / none のいずれかを指定できます。

managed-property

JavaBeanのプロパティを定義します。
map-entries / list-entries 要素と同時には使用できません。

<managed-property>
  <property-name>mininum</property-name>
  <property-class>int</property-class>
  <value>0</value>
</managed-property>

以下の子要素を持ちます。

description

JavaBeanプロパティの説明を記述します。

display-name

JavaBeanプロパティの表示名を記述します。

icon

JavaBeanプロパティのアイコンを定義します。

property-name

JavaBeanプロパティ名を定義します。
必須要素です。

property-class

JavaBeanプロパティクラスを定義します。

value

プロパティ値を定義します。
map-entries / null-value / list-entries 要素と同時には使用できません。

null-value

プロパティ値がnullであることを示す空要素です。
map-entries / value / list-entries 要素と同時には使用できません。

map-entries

プロパティ値をマップエントリ形式で定義します。
null-value / value / list-entries 要素と同時には使用できません。

<map-entries>
  <key-class>java.lang.String</key-class>
  <value-class>java.lang.Integer</value-class>
  <map-entry>
    <key>key1</key>
    <value>100</value>
  </map-entry>
  <map-entry>
    <key>key2</key>
    <null-value>
  </map-entry>
</map-entries>

この例の場合、プロパティ値は { "key1" => 100, "key2" => null } となります。

以下の子要素を持ちます。

key-class

プロパティマップのkeyクラス名を完全限定名で記述します。
省略すると java.lang.String になります。

value-class

プロパティマップのvalueクラス名を完全限定名で記述します。
省略すると java.lang.String になります。

map-entry

マップエントリを記述します。
以下の子要素を持ちます。

key

追加する値のkey値を記述します。

null-value

追加する値のvalue値を記述します。

value

NULLのvalue値を追加します。

list-entries

プロパティ値をリストエントリ形式で定義します。
map-entries / value / null-value 要素と同時には使用できません。

<list-entries>
  <value-class>java.lang.Integer<value-class>
  <value>1</value>
  <value>2</value>
  <null-value></null-value>
  <value>4</value>
  <value>3</value>
</list-entries>

この例の場合、プロパティ値は { 1, 2, null, 4, 3 } となります。

以下の子要素を持ちます。

value-class

プロパティ値のクラス名を完全限定名で記述します。
省略すると java.lang.String になります。

null-value

プロパティ値にNULL値を追加します。

value

任意のプロパティ値を追加します。

map-entries

JavaBeanのプロパティをマップエントリ形式で定義します。
複数定義不可です。
managed-property / list-entries 要素と同時には使用できません。
map-entries を参照して下さい。

list-entries

JavaBeanのプロパティをリストエントリ形式で定義します。
複数定義不可です。
managed-property / map-entries 要素と同時には使用できません。
list-entries を参照して下さい。

navigation-rule

ナビゲーションルールを定義します。
以下の子要素を持ちます。

description

ナビゲーションルールの説明を記述します。

display-name

ナビゲーションルールの表示名を記述します。

icon

ナビゲーションルールのアイコンを定義します。
small-icon / large-icon の子要素を持ちます。

from-view-id

ナビゲーションルールの対象となる遷移元画面IDを定義します。
この要素を省略した場合、全画面からの遷移が対象となります。

navigation-case

ナビゲーション先に関する情報を定義します。
以下の子要素を持ちます。

description

ナビゲーション先の説明を記述します。

display-name

ナビゲーション先の表示名を記述します。

icon

ナビゲーション先のアイコンを定義します。
small-icon / large-icon の子要素を持ちます。

from-action

アクション名を定義します。
詳細は不明です。

from-outcome

遷移するときの識別子(メソッドからの戻り値)を定義します。

to-view-id

遷移先画面IDを定義します。
必須要素です。

redirect

遷移にHTTPのリダイレクトを使うことを示す空要素です。

referenced-bean

参照Beanを定義します。

description

参照Beanの説明を記述します。

display-name

参照Beanの表示名を記述します。

icon

参照Beanのアイコンを定義します。
small-icon / large-icon の子要素を持ちます。

referenced-bean-name

参照Bean名を定義します。
必須要素です。

referenced-bean-class

参照Beanクラス名を完全限定名で定義します。
必須要素です。

render-kit

描画キットを定義します。

description

描画キットの説明を記述します。

display-name

描画キットの表示名を記述します。

icon

描画キットのアイコンを定義します。
small-icon / large-icon の子要素を持ちます。

render-kit-id

描画キットの識別子を定義します。

render-kit-class

描画キットのクラス名を完全限定名で記述します。

renderer

描画コンポーネントを定義します。
以下の子要素を持ちます。

description

描画コンポーネントの説明を記述します。

display-name

描画コンポーネントの表示名を記述します。

icon

描画コンポーネントのアイコンを定義します。
small-icon / large-icon の子要素を持ちます。

component-family

描画コンポーネントファミリを定義します。
詳細は不明です。
必須要素です。

renderer-type

描画コンポーネント種別(識別子)を定義します。
必須要素です。

renderer-class

描画コンポーネントのクラス名を完全限定名で記述します。
必須要素です。

facet

描画コンポーネントで使用するfacetを定義します。
facet を参照して下さい。

attribute

描画コンポーネントで使用する属性を定義します。
attribute を参照して下さい。

renderer-extension

描画コンポーネントの拡張情報を定義します。
内容は任意です。

lifecycle

ライフサイクルの振舞いを変更します。
以下の子要素を持ちます。

phase-listener

PhaseListener を実装したクラスを完全限定名で記述します。

validator

Validator(値検証)を定義します。
以下の子要素を持ちます。

description

Validatorの説明を記述します。

display-name

Validatorの表示名を記述します。

icon

Validatorのアイコンを定義します。
small-icon / large-icon の子要素を持ちます。

validator-id

Validatorの識別子を定義します。
必須要素です。

validator-class

Validatorのクラス名を完全限定名で記述します。
必須要素です。

attribute

Validatorで使用する属性を定義します。
attribute を参照して下さい。

property

Validatorで使用するプロパティを定義します。
property を参照して下さい。