minimize

事業拡大のため、新しい仲間を募集しています。
→詳しくはこちら

UMLGraph, JDependを使ってクラスやパッケージの相関図を出力します。

現在、以下のことが可能です。

HTMLレポートに全クラスの相関図を出力

Propertyページ で UMLGraph を有効にしておくと、
出力するHTMLレポートに UMLGraph のリンクが追加されて
全クラスの相関図を出力します。

選択したクラス(パッケージ)のクラス相関図を出力

Package Explorer 内で対象とするファイル(パッケージ)を選択、
もしくはJavaエディタ内でコマンドを実行(デフォルト割当は Ctrl-C Ctrl-X G)すると、
そのクラス(パッケージ)の相関図をポップアップ表示します。

クラス単位

クラス単位

パッケージ単位

パッケージ単位

今のところパッケージ単位の場合のみ有効なのですが
クラス要素をクリックすると、そのクラスをJavaエディタで開くことができます。

選択したパッケージのパッケージ依存関係図を出力

Package Explorer 内で対象とするパッケージを選択して
コマンドを実行(デフォルト割当は Ctrl-C Ctrl-X J)すると、
そのパッケージが依存しているパッケージ相関図をポップアップ表示します。

shot9.png

ポップアップ表示時に「v」キーを押下すると、
そのイメージをビューに保存しておくことが出来ます。