minimize

事業拡大のため、新しい仲間を募集しています。
→詳しくはこちら

1.5.7 (latest)

2012/2/25

Java Editor 内で Folding をキーボード上から行えるコマンドを作成。Ctrl + ;

1.5.6 (latest)

2009/6/8

既存Getter/SetterメソッドのJavadocコメント生成機能を修正。

1.5.5 (latest)

2009/4/5

package-info.java があるとライセンス文付加コマンドがうまく動かなかったのを修正。

1.5.4 (latest)

2008/11/11

前回リリースにバグがあり、修正。

1.5.2 (latest)

2008/8/23

Getter/SetterのJavadocコメントをカスタマイズできるようにした。
ヘッダ文字列付加/文字コード変換のアクションをJavaだけでなく全リソースに対応。

1.5.1 (latest)

2008/6/30

3.4(Ganymede)対応版。

1.4.9 (latest)

2008/6/1

Sequence を使ったシーケンス図作成機能を追加。

1.4.7 (zip : 3.3-jdk5)

2008/5/29

3.3(europa)用のzip配布用ファイルを作成。

1.4.7 (latest)

2008/5/3

Checkstyle, PMD, FindBugs, JavaNCSS, UmlGraph の各ライブラリを
現時点での最新バージョンにした。

1.4.5 (latest)

2008/1/17

PMD内部で使っているjaxenにバグがあったので修正。
日本語の変数名を使ってる場合に不具合があった。

1.4.4 (latest)

2007/12/11

既存Getter/SetterメソッドのJavadocコメント生成コマンドでアノテーションが消えてしまう不具合に対応。

1.4.3 (latest)

2007/9/1

ViewJdependAction コマンドを追加。
QALab Graphビューを作成。

1.4.2 (latest)

2007/8/16

AddJavaHeaderAction コマンドで、パッケージ単位の変換がうまくいっていなかった不具合に対応。

1.4.1 (latest)

2007/8/13

AddJavaHeaderAction コマンドで利用できるタグを追加。

1.4.0 (latest)

2007/7/7

Eclipse 3.3(europa)対応。
QALab用のツールバーアイコンを用意。

1.3.9 (latestおよびjdk1.5)

2007/6/15

クラスおよびパッケージのUML図出力にバグがあったので修正。

1.3.7 (latestおよびjdk1.5)

2007/6/12

プロジェクトルートにソースディレクトリが存在した場合に
レポートでエラーになっていたのを修正。

1.3.6 (latestおよびjdk1.5)

2007/6/12

キーバインドがEmacs専用になっていたのを修正。

確実にキーバインドを元に戻すには、一旦Eclipseを終了させてから
Limy Eclipse Pluginをインストールしたフォルダから各ファイルを削除します。
  features/org.limy.eclipse.feature_XXX ディレクトリ
  plugins/org.limy.eclipse.XXX.jar 全て
これで再度Eclipseを起動してUpdate Siteから最新版をインストールすれば
キーバインドは元通りになっているはずです。

1.3.5 (latest)

2007/6/8

Findbugs 1.2.1に対応。

1.3.4 (latest)

2007/6/7

Cobertura 1.9に対応。

1.3.3 (latest)

2007/3/1

メソッドのCyclomatic Complexity値をフローグラフ化して表示するコマンドを追加。
Linked Resourceの設定ファイルに対応。

1.3.1 (latest)

2007/2/23

UMLGraphを使ったクラスUML図ポップアップ表示機能を付けた。

1.2.9 (latest)

2007/2/16

Findbugsの自動マーカー出力をOFFにした。
Javadoc出力にUMLGraphを使用するオプションを追加。

1.2.8 (latest)

2007/2/11

いくつかバグ修正。

1.2.7 (latest)

2007/2/10

JDependとUmlGraphのレポート出力をデフォルトでOFFに。
dot.exe のパス指定が無いとこれらを有効に出来ないようにした。

1.2.6 (latestおよびjdk1.5)

2007/2/9

JDependとUmlGraphをQALabレポートに追加。
Checkstyle4.3に対応。

1.2.5 (latest)

2007/2/3

主にバグ修正。
Coberturaの自動マーカーは動作が不安定なので現段階では無効とした。

1.2.3 (latest)

2007/1/26

いろいろと修正。
コード支援アクションにデフォルトでキーバインドを割り当てた。
QALab関連のメニューをトップメニューからポップアップメニューへ移行。

1.2.2 (latest)

2007/1/14

Findbugsのエディタ内マーカーを作成。
プロパティページを一新。
コード支援アクションにコマンドを割り当ててキーバインド登録できるようにした。

1.2.0 (latestおよびjdk1.5)

2007/1/6

CheckstyleとPMDのエディタ内マーカーを作成。

1.1.8 (latest)

2006/12/23

PMD3.9に対応。

1.1.7

2006/12/1

複数プロジェクトをまとめたQALab出力を可能にした。
自身のQALab結果をサイトに掲載。

1.1.6

2006/11/30

Eclipse 3.3(M3)に対応。
QALab機能を大幅に強化。

1.1.0

2006/07/03

LrdとXML機能を削除。
Eclipse 3.2に対応。

1.0.0

2005/09/17

機能ごとにプラグインを分割。
プロパティエディタをハイパーテキストリンク対応にした。

0.5.3

2005/07/13

Eclipse3.1対応。
XMLエディタをハイパーテキストリンク対応にした。

0.5.2

2005/05/28

Eclipse3.1M7対応。(M7以外ではおそらく正常に動きません)

0.5.1

LrdからHTMLを生成する部分のバグを修正。

0.5.0

ソースのリファクタリング。

0.4.1

2004/12/17

XMLエディタのアウトラインページを作成。

0.4.0

2004/12/16

XMLエディタにFolding(隠し)機能を追加。

0.3.2

XMLエディタに簡易ジャンプ機能を追加。

0.3.1

XMLエディタに簡易コンテントアシスト機能を追加。

0.3.0

2004/12/11

XMLエディタ(簡易版)を作成。

0.2.1

2004/12/04

プロパティエディタで \ 文字が使われていたときの不具合を修正。

0.2.0

2004/12/03

プロパティエディタを作成。

0.1.0

2004/11/27

初回リリース版。