minimize

事業拡大のため、新しい仲間を募集しています。
→詳しくはこちら

文字列を解析して装飾方法を決定するインターフェイスです。

参考ページ : SourceViewerConfiguration

作成方法

ITokenScanner を implements しても良いですが、
既に RuleBasedScanner というクラスがあるのでこれを継承するのが便利です。
あとは、以下のようなコンストラクタを定義するだけです。

public class MyCodeScanner extents RuleBasedScanner {
    public MyCodeScanner() {
        List rules = new ArrayList();
        rules.add(new MyRule(...));
        rules.add(new MyRule(...));
        setRules((IRule[])rules.toArray(new IRule[rules.size()]));
    }
}

文字列を解析するルールを必要なだけ指定して、setRulesメソッドを呼び出します。
ルールは IRule を継承して自作するか、既存のクラスを使用します。

既存クラスについては、 IRule を Hierarchy に掛ければすぐに見つかるはずです。
自作クラスの作成については、以前書いた記事を参考にしてみて下さい。
参考コラム : 独自のルールを作る