minimize

事業拡大のため、新しい仲間を募集しています。
→詳しくはこちら

エクステンション一覧です。
使い方がわかったものを徐々に追加していく予定です。

org.eclipse.ui.editors

エディタを定義します。

参考記事 : エディタの作成

org.eclipse.ui.views

ビューを定義します。

参考記事 : ビューの作成

org.eclipse.ui.preferencePages

Preferenceページを定義します。

参考記事 : Preferenceページの作成

org.eclipse.ui.perspectiveExtensions

ビューを特定のパースペクティブに関連付けます。
具体的には、そのパースペクティブのデフォルトビューとして登録されます。

org.eclipse.ui.popupMenus

ポップアップメニューを定義します。

参考記事 : ポップアップメニューの作成

org.eclipse.ui.actionSets

アクションセットを定義します。

参考記事 : アクションセットの作成

org.eclipse.ui.commands

コマンドを定義します。

参考記事 : コマンドの作成

org.eclipse.core.resources.builders

ビルダを定義します。
ビルダとは、各リソースが保存されたときに実行されるプログラムのことです。

ビルダはプロジェクト単位で割り振られます。
プロジェクトのプロパティページから「Builders」の項目で確認することが出来ます。

org.eclipse.core.resources.natures

natureを定義します。

natureとは、そのプロジェクトが持つ属性のようなものです。
natureもプロジェクト単位で割り振られます。
例えばJavaプロジェクトならば「Java Nature」というnatureを持っています。
プロジェクトは複数のnatureを持つことが出来ます。

natureクラスは、configure / deconfigure という2つのメソッドを持ちます。
前者はプロジェクトへnatureを追加し、後者はプロジェクトからnatureを削除します。

一般的な使い方として、
configureメソッドではそのnatureに関連するビルダをプロジェクトに結びつけたりします。
deconfigureメソッドではビルダの結びつきを解除したりnatureに関連するマーカーを削除したりします。

org.eclipse.ui.propertyPages

プロパティページを定義します。
プロパティはリソースの種類(ファイルやプロジェクトなど)によって決定されます。