minimize

事業拡大のため、新しい仲間を募集しています。
→詳しくはこちら

ユーザに通知するための一つとして、Toast 機能があります。

ダイアログと似ていますが、Toast は一定時間が経つと自動的に消えます。
そのため閉じるボタンなどはありませんし、フォーカスすら持ちません。

基本

Context context = getApplicationContext();
CharSequence text = "Hello toast!";
int duration = Toast.LENGTH_SHORT;
Toast toast = Toast.makeText(context, text, duration);
toast.show();

こんな感じで、アプリケーションの Context と表示文字列、表示時間を指定して呼び出すだけです。

表示位置

表示位置を制御することもできます。

toast.setGravity(Gravity.TOP | Gravity.LEFT, 0, 0);

第一引数が、表示する基準となる位置で、Gravity クラスの定数を指定します。
第二、第三引数は、基準位置からのX, Y オフセットです。

カスタムビュー

任意のViewを使ったToastも作成することができます。

LayoutInflater inflater = getLayoutInflater();
View layout = inflater.inflate(R.layout.toast_layout,
                               (ViewGroup) findViewById(R.id.toast_layout_root));

ImageView image = (ImageView) layout.findViewById(R.id.image);
image.setImageResource(R.drawable.android);
TextView text = (TextView) layout.findViewById(R.id.text);
text.setText("Hello! This is a custom toast!");
Toast toast = new Toast(getApplicationContext());
toast.setGravity(Gravity.CENTER_VERTICAL, 0, 0);
toast.setDuration(Toast.LENGTH_LONG);
toast.setView(layout);
toast.show();

前半は、普通にカスタムビューを作るときの手順とまったく同じです。
あとは Toast.setView を呼び出して、このビューを Toast のビューに指定するだけです。